産経WEST

幼少期の手足痛は遺伝子変異が原因 京大など研究チーム「小児四肢疼痛発作症」と命名

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


幼少期の手足痛は遺伝子変異が原因 京大など研究チーム「小児四肢疼痛発作症」と命名

「小児四肢疼痛発作症」の特徴 「小児四肢疼痛発作症」の特徴

 幼少期に手足の痛みなどの発作を起こす疾患の原因が、特定の遺伝子の変異にあることが分かったと、京都大や秋田大などの共同研究チームが突き止めた。患者の遺伝子を調べた結果、痛みに関連する「SCN11A遺伝子」に変異があることが共通していた。この研究成果を生かし、今後は疾患に効く鎮痛剤の開発などにつなげる。

 研究成果は米オンライン科学誌「プロスワン」に掲載された。チームは疾患の名称を「小児四肢疼痛(とうつう)発作症」と命名した。

 小児四肢疼痛発作症は、1~2歳ごろの小児期から、ひざやひじなど関節周囲に痛みを感じる病気。不定期に痛みが生じ、患者の中には不眠症になったり、学校を長期間欠席したりするケースもある。成人すると症状がなくなるという。

 研究チームは国内の患者23人の遺伝子を調査したところ、SCN11A遺伝子の変異を持つことで共通することが判明。患者の親や兄弟ら親族も同じ症状を体験した事例がみられ、遺伝が関係することも分かった。

 京大大学院医学研究科の小泉昭夫教授(環境衛生学)は「よく泣く子供は『疳(かん)が強い』といわれ、学童期の成長痛として見過ごされがちだった同症が、遺伝子診断で確認できるようになった。国内に患者が数多く存在する可能性がある」と話している。

「産経WEST」のランキング