産経WEST

愛新覚羅溥儀の姪と本岡典子さんが兵庫・西宮で対談

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


愛新覚羅溥儀の姪と本岡典子さんが兵庫・西宮で対談

作家の本岡典子さん(右)と対談する福永●(=女へんに雨、その下に誇のつくりで大を取る)生さん=20日、兵庫県西宮市 作家の本岡典子さん(右)と対談する福永●(=女へんに雨、その下に誇のつくりで大を取る)生さん=20日、兵庫県西宮市

 清朝最後の皇帝のめい、福永(旧姓愛新覚羅(あいしんかくら))●(=女へんに雨、その下に誇のつくりで大を取る)生(こせい)さん(76)と、●生さんの半生を描いた『流転の子』の作家、本岡典子さんが20日、兵庫県西宮市で対談した。

■ブーブークッションで笑わせたラストエンペラー

 対談は、●生さんが住む同市で三井住友信託銀行が主催。約60人を前に、1年5カ月におよぶ流浪や父の溥傑(ふけつ)、母の思い出などについて語った。

 溥儀(ふぎ)が妹の席にブーブークッションを置き、「座った叔母は恥ずかしそうにしていた」というエピソードで会場を和ませ、心と心の交流を説いた。

▼溥儀の姪の姪が回想…血に染まった乳母の顔、銃弾・砲弾の嵐「多くの人に守られ生かされた」

「産経WEST」のランキング