産経WEST

【沖縄20歳女性失踪】女性の「首を絞め、刃物で刺した」 逮捕の32歳米軍属が供述、スマホ見つからず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【沖縄20歳女性失踪】
女性の「首を絞め、刃物で刺した」 逮捕の32歳米軍属が供述、スマホ見つからず

逮捕された容疑者の身柄がある沖縄県警うるま署=20日午前8時 逮捕された容疑者の身柄がある沖縄県警うるま署=20日午前8時

 行方不明だった沖縄県うるま市の会社員、島袋里奈さん(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員で、軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者(32)が「首を絞め、刃物で刺した」と殺害をほのめかす供述をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。沖縄県警は殺人容疑も視野に同日、司法解剖して死因の特定を進める。

 捜査関係者によると、島袋さんのスマートフォンの位置情報が最後に確認された地域の防犯カメラにはシンザト容疑者の車両が写り、任意提出を受けた使用車両から島袋さんのDNA型が検出された。車内には血痕が付着していたが、少量だったため、車の外で刺された可能性もあるとみられる。県警は容疑者が島袋さんを車で連れ去った可能性があるとみている。島袋さんのスマホや靴は見つかっておらず、県警は遺体が遺棄された恩納村の現場周辺を捜索している。

 シンザト容疑者は「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」と死体遺棄容疑を認めているという。

 安倍晋三首相は20日、官邸で記者団に「非常に強い憤りを覚える。今後、徹底的な再発防止など厳正な対応を米国側に求めたい」と述べた。

「産経WEST」のランキング