産経WEST

老人ホーム「アミーユ」の名称変更 転落死や虐待問題で「ブランド傷ついた」イメージ刷新

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


老人ホーム「アミーユ」の名称変更 転落死や虐待問題で「ブランド傷ついた」イメージ刷新

 介護サービス大手のメッセージ(岡山市)は13日、全国展開する有料老人ホーム「アミーユ」を「SOMPOケア そんぽの家」に名称変更すると発表した。系列会社が運営する介護付き有料老人ホームで入居者の転落死や虐待が相次いだ問題を受け、イメージ刷新が必要と判断した。

 変更は7月1日付。メッセージは「ブランドが傷つき、入居率が底を打っていないため変更を決めた」と説明している。今年3月にメッセージを買収した損保ジャパン日本興亜ホールディングスのブランドに合わせる。

 メッセージが13日発表した平成28年3月期連結決算は、売上高が前期比0・2%減の788億円で、アミーユ事業部門の利益は半減した。

「産経WEST」のランキング