産経WEST

ゴルフクラブやバット…凶器準備集合疑いで山口組直系組長ら十数人に逮捕状 大阪府警 ミナミで神戸山口組系を襲撃 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ゴルフクラブやバット…凶器準備集合疑いで山口組直系組長ら十数人に逮捕状 大阪府警 ミナミで神戸山口組系を襲撃 

 指定暴力団神戸山口組傘下の組関係者を暴行するためにバットなどを準備したとして、大阪府警捜査4課が凶器準備集合の疑いで、指定暴力団山口組直系「秋良(あきら)連合会」会長の男(59)ら十数人の逮捕状を取ったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。府警は容疑が固まり次第逮捕する方針で、共犯として山口組直系「一心会」会長の能塚恵容疑者(55)を同日午前に逮捕した。府警は昨年以降の山口組の分裂騒動が背景にあるとみて、慎重に捜査を進めていた。

 捜査関係者によると、同連合会の幹部らは昨年12月17日、神戸山口組傘下の組関係者らを襲撃するため、ゴルフクラブやバットなどを準備した疑いが持たれている。同連合会側は同日夜、大阪市中央区宗右衛門町の路上でこれらの凶器を用いて神戸山口組側とみられる男性2人を殴り、頭にけがをさせたとされる。

 襲撃の約2時間前には、同連合会の本部事務所(同市浪速区大国)付近の路上で、同連合会側と神戸山口組側の関係者が怒鳴り合うなどのトラブルが発生。翌18日早朝には、同連合会の当時の傘下団体事務所(同市浪速区下寺)に何者かが車で突っ込み、ビル入り口の金属製ドアやシャッターが壊される建造物損壊事件が起きた。

 一連のトラブルが、山口組側と神戸山口組側による報復行為の応酬だった可能性もあり、府警は引き続き警戒を強めている。

「産経WEST」のランキング