産経WEST

【戦後71年 楠木正成考<第1部>】多聞誕生(4)「公」を忘れた日本人へ 物流要衝、財力支えた誕生地

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後71年 楠木正成考<第1部>】
多聞誕生(4)「公」を忘れた日本人へ 物流要衝、財力支えた誕生地

楠公産湯の井戸。地元の保存会が管理している=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影) 楠公産湯の井戸。地元の保存会が管理している=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影)

 和泉准教授はそう話す。正成は最初に挙兵した下赤坂城のほか、上赤坂城や千早城も築いて鎌倉幕府の大軍を迎え撃った。正成の活躍は、豊かな河内の土地柄あってこそのものだったのである。

                   ◇

 ◆金剛山  

 大阪府千早赤阪村と奈良県御所市との境にそびえる金剛山地の主峰。標高は1125メートル、中腹には大阪府の最高地点(1056メートル)がある。

 約1300年前に修験道の開祖・役小角(えんのおづの)が修行したとされ、古来、修験道の聖地として神聖視されてきた。頂上付近には、役小角が開いたとされる金剛山転法輪寺や一言主神を祭る金剛山葛木神社がある。

 大阪側には、楠木正成が幕府方と激しい戦闘を繰り広げた下赤坂城、上赤坂城、千早城の城跡などが残されている。

このニュースの写真

  • 多聞誕生(4)「公」を忘れた日本人へ 物流要衝、財力支えた誕生地

関連ニュース

【熊本地震】楠木正成ゆかりの建水分神社で春祭り、復興祈願込め 千早赤阪村 

「産経WEST」のランキング