産経WEST

フジの花の「トンネル」一般公開 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


フジの花の「トンネル」一般公開 京都

一般公開が始まった鳥羽水環境保全センターのフジの花のトンネル=京都市南区 一般公開が始まった鳥羽水環境保全センターのフジの花のトンネル=京都市南区

 「鳥羽の藤」として親しまれる京都市上下水道局の鳥羽水環境保全センター(南区)のフジの花の一般公開が28日、始まった。訪れた人たちは紫色のフジの花のトンネルを通り抜け、記念撮影していた。

 センター内には、ノダフジ、ヤマフジの37本が植えられ、フジ棚の長さは約120メートル。一般公開は平成13年から。フジの花の名所として親しまれるようになり、昨年は過去最高の約3万2千人が訪れた。今年は気温が高かった影響もあり、満開の状態で、紫色の花の房が所狭しと垂れ下がっている。

 一般公開は5月2日まで。午前10時から午後4時(入場は午後3時半)で、入場無料。

「産経WEST」のランキング