産経WEST

【現代を問う】誇り高き日本人はどこに…世界に通用する「教育勅語」を今こそ《教育勅語全文の写真掲載》

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【現代を問う】
誇り高き日本人はどこに…世界に通用する「教育勅語」を今こそ《教育勅語全文の写真掲載》

日本人の精神・魂を分かりやすく示した教育勅語 日本人の精神・魂を分かりやすく示した教育勅語

 女子中学生を誘拐監禁する。若い親がわが子を虐待し、自殺させる。老人ホームの入居者をビルから投げ殺す。学校では「何でも他者責任」のモンスター化した親が、わがもの顔で言いたい放題だ。女子中学生に女性の役割は、子供を産むことと諭した校長に非難が殺到した。茶髪にピアスの受験生を不合格にした公立高校の校長は懲戒免職となった。国道沿いには、空き缶はもとより紙おむつまで投げ捨てる。中・韓の「日本は侵略国家だ」「従軍慰安婦として強制連行した」と言う“口撃”。尖閣や竹島は中国、韓国の領土といううそ八百の『歴史戦争』で政府は負けてばかり。

 かつての誇りある立派な日本人はどこへ行ったのか。いったい「日本はどうなっているんだ」と、悲憤慷慨(こうがい)する日本人は多いし、それゆえ、安倍首相の『日本を取り戻そう』のキャッチフレーズに賛同する国民も多い。

 一方、平成23年3月11日、東日本大震災が発生したが、被災者は首都圏の人たちも含めて、恐怖と不安の中で沈着冷静に行動し、世界から称賛された。これは先祖代々から『他利の心』を含む『日本人精神・魂』が、人々の心の奥底で脈々と受け継がれてきていることを示している。紙おむつを投げ捨てる人にも、歴史戦で謝ってばかりいる政治家・外務省のお役人にも、その胸の奥底に「日本人の魂」が存在しているのである。それを掘り起こし、触発する教育を復活すれば、日本人を取り戻すことができる。

このニュースの写真

  • 誇り高き日本人はどこに…世界に通用する「教育勅語」を今こそ《教育勅語全文の写真掲載》
  • 誇り高き日本人はどこに…世界に通用する「教育勅語」を今こそ《教育勅語全文の写真掲載》

「産経WEST」のランキング