産経WEST

「なら国際映画祭」を応援 市民有志がチャリティー上映会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「なら国際映画祭」を応援 市民有志がチャリティー上映会

 奈良市の今年度当初予算で補助金が全額削減された「なら国際映画祭」を応援しようと、生駒市在住のフリーランスのテレビカメラマン、保山耕一さん(52)ら市民有志が24日、「ホテルサンルート奈良」(奈良市)でチャリティー上映会を開いた=写真。1人2千円以上の入場料のほぼ全額が映画祭に寄付される。

 上映会は、がん闘病中の2年前に、依頼を受けて同映画祭で上映作品の推薦などしたことを機に、「再び社会とつながれた」という保山さんが、映画祭に恩返しがしたいと開催を呼びかけた。

 この日は3回の上映会に計約120人が参加。月ケ瀬梅林(奈良市)のウメや藤原宮跡(橿原市)のサクラなどを撮影した作品「梅と桜の大和路」のほか、如意輪寺(吉野町)などで現在も撮影中の映像の一部も公開した。

「産経WEST」のランキング