産経WEST

【関西の議論】「ジビエバーガー」学校給食で提供…獣臭さ抜き「清流鹿」をブランド展開へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「ジビエバーガー」学校給食で提供…獣臭さ抜き「清流鹿」をブランド展開へ

シカ肉を加工処理する深海さん。ブランドの「清流鹿」は味も好評だ=和歌山県古座川町 シカ肉を加工処理する深海さん。ブランドの「清流鹿」は味も好評だ=和歌山県古座川町

 農作物を食べるシカやイノシシなどの対策に頭を悩ます地方は多いが、和歌山県南部の古座川町は地元の猟師と連携し、鳥獣害を逆手にとって、捕獲したシカやイノシシを食肉に加工し販売する取り組みを本格化させている。中でも古座川の豊かな自然の中で成長したシカの肉は、「古座川の清流鹿」と名付けブランド化。東京や大阪などの飲食店に売り込み、町の“厄介者”を古座川の新しい魅力としてアピールしている。(土屋宏剛)

シカやイノシシ被害の打開策に

 和歌山県全体の平成26年度の農作物の鳥獣被害額は約3億2千万円と多い。うち古座川町は約155万円で、毎年平均して約150万円の被害が出ている。

 同町産業建設課によると、昨年度のシカの駆除頭数は1177頭で「年々少しずつ増加している」(町産業建設課担当者)。

 特に高齢化が進む同町では、商売として農業をする人より自分の食料として農作物を育てるお年寄りが多いといい、同課の担当者は「実質的な被害額だけでは計算できない影響もある。農作業を生きがいにしているお年寄りも多く、鳥獣害は長年の課題だった」と話す。

このニュースの写真

  • 「ジビエバーガー」学校給食で提供…獣臭さ抜き「清流鹿」をブランド展開へ
  • 「ジビエバーガー」学校給食で提供…獣臭さ抜き「清流鹿」をブランド展開へ

「産経WEST」のランキング