産経WEST

【編集日誌】情報のライフラインに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【編集日誌】
情報のライフラインに

 熊本県を中心に相次いだ地震は発生から1週間が経過したが引き続き警戒が必要だ。前震(M6.5)の28時間後に起きた本震(M7.3)、震度6以上の揺れが6回、2つの断層帯連動など、今までの経験則から外れた特徴が多く、地震活動終息の見極めがつかないからだ。今回、改めて震災報道の難しさと重要性について考えさせられた。

 新聞にできることは何か。刻々と変化する被害状況、物資不足などの問題点や被災者の声を報じるほかに、デマや間違った憶測を正す役割もある。「阪神」や「東日本」の経験を踏まえ、伝えることはもっとあるはずだ。

 被災地の人々に少しでも安心感を与えることのできる存在になれれば。新聞が「情報のライフライン」としての使命をしっかり果たさなければと思っている。(整理部長 長町望)

「産経WEST」のランキング