産経WEST

【熊本地震/動画】「自衛隊頼りになる!2日ぶりの温かいご飯」 給水に炊き出し、医療チームの支援も始まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震/動画】
「自衛隊頼りになる!2日ぶりの温かいご飯」 給水に炊き出し、医療チームの支援も始まる

 熊本県を中心に発生した地震で、被災地では17日、行方不明者の救助・捜索活動に加え、避難所への物資供給など支援活動が徐々に進んだ。阿蘇外輪山の西側に位置する西原村では、自衛隊による給水と炊き出しがあり、真っ白なおにぎりに被災者の顔はほころんだ。(村上智博、中村雅和)

全力で炊きます

 ともに北熊本駐屯地(熊本市北区)に本拠を置く陸上自衛隊第8特科連隊と、第42普通科連隊第4中隊が17日、西原村に入った。650人が避難した西原中学校に到着すると、子供が「かっこいい車が来たよ」と歓声を上げた。

 「全力でお米をたきます。皆さん、待っていてください」

 支援長の坂本利彦曹長(49)が声をかけ、約20人の隊員は早速、おにぎり1600個分の大量の米を炊き始めた。

 45分ほどで炊きあがると、被災者30人が手分けして、おにぎりを握った。

 吉木亮子さん(63)は「2日ぶりの温かいご飯です。自衛隊さんが来てくれて本当にありがたい」とほおばった。

 西原村では、特に16日未明の強い地震以降、大きな被害が出た。17日までに5人の死亡が確認され、けが人も多数いる。

 避難所となった西原中学校には、まず16日午前に宮崎県都城市の陸自第43普通科連隊が先行して、陸路で入り、給水活動に取り組んだ。

 西原村教育委員会の南利孝文係長は「自衛隊が来てくれたおかげで、ようやく避難所として機能できるようになった」と語った。

 布田地区から避難した坂田祥子さん(49)は「水がないと何もできなかった。やっぱり、自衛隊は頼りになりますよね」と語った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング