産経WEST

工場跡に高3女子遺体 制服姿、自殺と事件の両面で捜査 大阪・茨木

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


工場跡に高3女子遺体 制服姿、自殺と事件の両面で捜査 大阪・茨木

女性の遺体が見つかった工場跡地を調べる大阪府警の捜査員=14日午前、大阪府茨木市 女性の遺体が見つかった工場跡地を調べる大阪府警の捜査員=14日午前、大阪府茨木市

 14日午前6時25分ごろ、大阪府茨木市松下町の工場跡地で、男性作業員(62)から「学生風の人が倒れている」と110番があった。大阪府警茨木署によると、高校の制服を着た女性がうつぶせの状態で倒れており、現場で死亡が確認された。市内の私立高校3年の女子生徒(18)で、同署は近くのクレーン車から転落した可能性もあるとみて、自殺と事件の両面で捜査している。

 同署によると、女子生徒は腰付近を骨折しているとみられるが、刺し傷などはなく、着衣の乱れもなかった。建築資材の鉄板の上に倒れており、約8メートル先に高さ約30メートルのクレーン車があった。現場の北約150メートルには学生用かばんが置かれ、財布にカード類があったが、現金はなかった。

 女子生徒は13日夕、家族に「体調が悪く、もう帰る」とメールを送っていたが、夜になっても帰宅しないため、同日夜に家族が行方不明者届を出していた。

「産経WEST」のランキング