産経WEST

【沖縄にモノ申す】「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【沖縄にモノ申す】
「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷

沖縄県の稲嶺恵一元知事のもとで副知事を務めた牧野浩隆氏。米軍普天間飛行場の名護市辺野古周辺への移設をめぐり、国と対立する翁長雄志知事や後押しする沖縄メディアの姿勢に違和感を訴えた=那覇市 沖縄県の稲嶺恵一元知事のもとで副知事を務めた牧野浩隆氏。米軍普天間飛行場の名護市辺野古周辺への移設をめぐり、国と対立する翁長雄志知事や後押しする沖縄メディアの姿勢に違和感を訴えた=那覇市

 混迷を極める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題。名護市辺野古周辺への移設をめぐる国と沖縄県との対立は、代執行訴訟こそ和解が成立したが、今後の状況次第では、再び県が訴訟を起こす可能性も残っている。政府・自民党と県の対立構造が持ち込まれた1月の宜野湾市長選では、自民が推す現職が再選されたが、翁長雄志(おなが・たけし)知事は「沖縄の民意」を主張して国との対決姿勢を崩さず、地元メディアが後押しする状況は変わっていない。これに対し、平成10~18年に稲嶺恵一知事のもとで2期8年にわたって副知事を務めた牧野浩隆氏(75)=那覇市=がインタビューに応じ、沖縄が抱える問題を激白。米軍基地については国の安全保障上、応分の負担は「当然のことだ」と強調し、沖縄メディアに対しても「バランスを欠いた偏った報道に違和感を覚える」と述べた。

「固執しすぎ…」翁長氏の失策

 「翁長さんは辺野古移設反対に固執しすぎた。当選した現職の戦略勝ちだった」。牧野氏は1月24日に投開票された宜野湾市長選についてこう分析した。

 安倍晋三首相と翁長氏との「代理戦争」の様相も呈した同市長選。安倍政権が支援する現職の佐喜真淳氏=自民、公明推薦=が、翁長氏の支援する新人、志村恵一郎氏を破って再選を果たした。

 佐喜真氏は選挙戦で、普天間飛行場について「一日も早い閉鎖、撤去」を訴えつつ、辺野古移設の是非には言及しない姿勢に徹した。一方、志村氏は翁長氏との二人三脚で地域を回り、「普天間の無条件返還」「辺野古移設反対」を前面に掲げた。

 「(志村氏が)敗れれば辺野古移設反対の民意は消えたと宣伝される」と危機感をあらわにし、移設反対に重心を置いた翁長氏の戦略が裏目に出た。

 住宅密集地が広がる普天間飛行場周辺には、「辺野古移設反対」と書かれた看板が掲げられる一方、「ジュゴンの命と宜野湾市民の命どちらが大事?」との看板もある。市民の多くは「大きな声では言いづらい」と口をつぐむ。辺野古移設反対が決して「総意」だとはいえないようだ。

(次ページ)日米合意ご破算にした鳩山氏発言…「天皇」だった大田県政

このニュースの写真

  • 「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷
  • 「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷
  • 「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷
  • 「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷
  • 「バランス欠いた偏った報道に違和感」稲嶺県政ナンバー2激白 基地ゴリゴリ反対「沖縄の民意」がもたらす混迷

「産経WEST」のランキング