産経WEST

【精神科女医のつぶやき】片田珠美(180)ショック! 三度の飯より悪口好きの私に「You’re fired(おまえはクビだ)」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【精神科女医のつぶやき】
片田珠美(180)ショック! 三度の飯より悪口好きの私に「You’re fired(おまえはクビだ)」

筆者の心境に共感するも、占い師に頼る気にはならず…。 筆者の心境に共感するも、占い師に頼る気にはならず…。

 米大統領選で注目されているトランプ氏の決め台詞「You’re fired(おまえはクビだ)」が私に言い渡された。そう、この連載が打ち切りになるのである。

 戦力外通告を受けたようで悔しくてたまらず、落ち込んでいたら、『鬱屈精神科医、占いにすがる』(太田出版)という本が目に留まった。同業者の春日武彦氏の著書で、「誰も自分に執筆依頼なんかしてこなくなるのではないかといった暗い想像」が働き、「不安感と不全感と迷い」に精神を覆い尽くされた状態に陥ったため、実際に占い師のもとを訪れた経験にもとづいて書かれている。

 連載打ち切りを通告された際の私の気持ちは、春日氏がこの本の中で告白している心境そのものだったので、共感した。また、春日氏は「母親の呪縛から抜け出せない哀れな存在」と自認しており、典型的なマザコン男のように見受けられるが、きちんと自覚しているのは自己分析ができている証拠なのだから、「男性総マザコン論」を唱えている私としては、あっぱれと称賛したい。

 ただ、全面的に賛成というわけではない。春日氏は「占い依存症」に陥ることによって当面の危機を脱したようだが、私は占い師に頼る気にはなれないからだ。同業者にかかるわけにもいかないし、一体この苦境をどうやって乗り切ればいいのだろうか。

 何よりも困るのは、悪口を言いたくてたまらない気持ちをどう発散すればいいのかわからないということだ。これまではこの連載で悪口を書きまくることによって悪口を言いたい欲望を満たしてきたが、これからはどうすればいいのか。だって、私は三度の飯より悪口が好きな「悪口依存症」なのだから。 

「産経WEST」のランキング