産経WEST

【ニュースの深層】神戸ブランドの凋落か、福岡に負けた衝撃は大、「株式会社」も今も昔

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
神戸ブランドの凋落か、福岡に負けた衝撃は大、「株式会社」も今も昔

 神戸市の人口減少が深刻だ。平成27(2015)年10月の国勢調査で、政令市人口5位の座を福岡市に奪われた。しかも、上位10市で減少したのは神戸市だけ。低迷を象徴する結果となった。神戸は民間の「住みたい街」調査で常に上位を誇り、ブランド力も高いはずだが、なぜ5大市から転落したのか。

 前回国勢調査(22年)から5・1%増と、上位20市で堂々の増加率トップの福岡市に比べ、神戸市は0・4%減。福岡市とはわずか650人差だが、追い抜かれたことだけが今回の問題ではない。

 異国情緒漂う日本有数の港町として栄えた神戸市は戦後一貫して人口が伸び続けた。阪神大震災後の平成7(1995)年の国勢調査では人口が減ったが、減少はこの1度だけ。今回は実質的に戦後初の人口減だった。この結果を最も悔しがっているのは、全力で復興に取り組み、魅力ある街を再生させてきた神戸市民に違いない。

 「神戸は学生が多いが、就職を機に東京などに出ていってしまう」と市の担当者は嘆く。一方、福岡市は九州各地の若者の受け皿となり、22年以降は毎年1万人以上も人口が増加。「アジアの玄関口」として外国人観光客も増え、何かと注目される“九州の雄”に比べると、状況は対照的だ。

 「今は都市の規模を追い求める時代ではない。魅力を向上して質を高め、『選ばれる街』にする」。人口減について問われると、神戸市の久元喜造市長はこう答えるが、市が打ち出す人口減対策施策は、どうもパンチが足りない。

 「年間1万2千人の出生数の維持」「東京圏への転出超過年間2500人の解消」…。こう目標を掲げるが、28年度当初予算案では既存世帯の支援が目立つ。「選ばれる街を」という“攻め”の方針とは裏腹に、外から人を呼び込もうという強い意志が見えにくい。

このニュースの写真

  • 神戸ブランドの凋落か、福岡に負けた衝撃は大、「株式会社」も今も昔
  • 神戸ブランドの凋落か、福岡に負けた衝撃は大、「株式会社」も今も昔

「産経WEST」のランキング