産経WEST

「おじが死んだ」「おばも…」うそ忌引と法事休暇17回、丸亀市職員を停職 金曜に集中で上司が不審

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「おじが死んだ」「おばも…」うそ忌引と法事休暇17回、丸亀市職員を停職 金曜に集中で上司が不審

 親族が亡くなったなどとうそをつき、有給の忌引や法事の休暇計17回を不正に取得したとして、香川県丸亀市が総務部主査の女性職員(50)を停職6カ月の懲戒処分としていたことが26日、市への取材で分かった。処分は25日付。

 市によると、職員は平成22年11月~27年12月の間、おじやおば計15人の死亡を理由に忌引1日を15回、親族の法事のために祭事休暇1日を2回取得した。

 15年に忌引5回、法事休暇1回の申請があり、全てが金曜日に集中していたのを上司が同年末、不審に思い、死亡を証明する書類の提出を求めたところ、職員が虚偽申請を認めた。「親の介護など家庭の事情で休みが必要だった」と話しているという。

 市は、不正取得があった当時の上司4人も監督責任を問い、口頭厳重注意とした。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング