産経WEST

屋久島入山料来年3月から 日帰り1000円、宿泊2000円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


屋久島入山料来年3月から 日帰り1000円、宿泊2000円

 鹿児島県屋久島町は24日、世界自然遺産・屋久島の登山者からの入山料徴収を来年3月に始める方針を明らかにした。日帰りの場合は1人千円、山小屋などの宿泊者は2千円を集める。環境保全に充てる資金の確保が目的で、強制力はない協力金とする。町は今後、最終的な手続きに入る。

 町議会は昨年9月、入山料導入に関する条例を可決。時期は定めておらず、町が県などと協議した結果、登山が本格化する3月に導入するのが妥当と判断した。

 登山口に向かうバス乗車時に支払いを呼び掛けたり、協力金箱を設置したりして徴収率を向上させる。

 登山口や観光施設では、これまで「山岳部保全募金」として1人500円を受け付け、山道沿いのトイレ管理費に充てているが、登山客の増加などで資金が不足していた。

「産経WEST」のランキング