産経WEST

【動画】道を譲ってもらった車へ「ありがとうボタン」 小4の思いやり 大人が形に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
道を譲ってもらった車へ「ありがとうボタン」 小4の思いやり 大人が形に

発案した「ありがとうボタン」を持つ馬渡日菜子さん=東大阪市 発案した「ありがとうボタン」を持つ馬渡日菜子さん=東大阪市

 狭い道で車を運転中、道を譲ってもらった感謝の気持ちを示そうとしたのに、思わず強くクラクションを鳴らしてしまう-。そんな母親を見かねた小学生が、もっと優しく「ありがとう」の思いを伝えられないかと考えたアイデアを、大阪府の“ものづくりの町”東大阪市の中小企業のおっちゃんたちが形にした。完成品を贈呈された小学生は「イメージ通りにできてうれしい」と話している。(香西広豊)

 ボタンを押すと「ポワ~ン」というやわらかい音とともに、車のフロント・リアガラスに取り付けられた発光ダイオード(LED)のスマイルマークがゆっくりピンク色に光る作品「ありがとうボタン」を発案したのは同市の小学4年、馬渡日菜子(まわたり・ひなこ)さん(10)。

 同市内の中小企業など約70社で構成する「東大阪ブランド推進機構」は昨春、市内在住・在学の小学生を対象に「大切な誰かのために考えた発明品アイデア」を募集。235件の応募の中から、市内の小学2年男児(8)が発案した「かにむきロボット」とともに選ばれた。

 母親が運転する車に乗車中、道を譲ってもらった際に鳴らすクラクションの音が大きすぎたり、小さすぎたり、行き違ってから鳴らしてしまったりと、「ありがとう」を伝えるのが難しいと感じたのがきっかけ。クラクションの代わりに、もっと優しく感謝の意を伝えられないかと考えた。

このニュースの写真

  • 道を譲ってもらった車へ「ありがとうボタン」 小4の思いやり 大人が形に

「産経WEST」のランキング