産経WEST

「2人出産が仕事より価値」発言全文 学校HPに一時掲載 校長「誤解招かないよう掲載」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「2人出産が仕事より価値」発言全文 学校HPに一時掲載 校長「誤解招かないよう掲載」

 大阪市立中学校の校長が全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」などと発言したとして市教育委員会が処分を検討している問題で、同校ホームページへ12~13日に発言要旨全文が一時掲載されたことが13日、分かった。

 この学校は市立茨田北中学校(鶴見区)で、寺井寿男校長(61)は産経新聞の取材に「市教委の対応や報道を受け、一部だけを切り取られて誤解を招かないよう掲載した」と説明。「市教委からの問い合わせもあって削除したが、もともと24時間だけの掲載と考えていた」と話している。

 2月29日の発言要旨が掲載されたのは日々の行事などを紹介する「学校日記」欄。寺井校長は職員に指示して12日午前8時頃から掲載。同日夜に市教委から、ネット上で反応が広まっているなどとして削除を求める依頼もあり、13日午前8時頃に削除したという。

 一時掲載された発言要旨は次の通り。

 今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

 なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。

関連ニュース

【エンタメよもやま話】グーグルも開発…子育て、老人の友、性欲ラブドール「AIロボットと結婚する時代!」英の学者に欧米が注目

「産経WEST」のランキング