産経WEST

高浜原発3、4号機の運転差し止めを大津地裁が決定 稼働中、全国初の停止へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高浜原発3、4号機の運転差し止めを大津地裁が決定 稼働中、全国初の停止へ

関西電力高浜原発4号機=福井県高浜町 関西電力高浜原発4号機=福井県高浜町

 

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを隣接する滋賀県の住民29人が求めた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、「過酷事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点がある」として運転差し止めを命じる決定をした。決定は直ちに効力が生じるため、関電は10日、営業運転している3号機を停止する。仮処分決定で稼働中の原発が止まるのは全国で初めて。

 関電は「到底承服できるものではない」とし、同地裁に異議と執行停止を申し立てる方針だが、決定が停止、もしくは覆らない限り、トラブルで停止中の4号機を含め運転できない。関電が5月から予定していた電気料金値下げは困難な状況だ。

 決定は、東京電力福島第1原発事故を念頭に「事故が発生すれば環境破壊の及ぶ範囲はわが国を越える可能性さえあり、単に発電の効率性をもって甚大な災禍と引き換えにすべき事情とは言い難い」と指摘。関電に対し「事故を踏まえ、原子力規制行政がどう変化し、原発の設計・運転のための規制がどう強化され、いかに対応したかを具体的に説明すべきだ」と立証責任を求めた。

このニュースの写真

  • 高浜原発3、4号機の運転差し止めを大津地裁が決定 稼働中、全国初の停止へ

「産経WEST」のランキング