産経WEST

【ビジネスの裏側】“お遍路さん”60年に1度の商機を狙え…「逆打ち」でご利益3倍、弘法大師に会えるかも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
“お遍路さん”60年に1度の商機を狙え…「逆打ち」でご利益3倍、弘法大師に会えるかも

お遍路さんの団体=香川県さぬき市 お遍路さんの団体=香川県さぬき市

 四国八十八カ所の霊場を巡る“お遍路さん”が旅行会社などの注目を集めている。なぜなら今年はうるう年で、88番札所から1番へと逆に巡る「逆打ち」で弘法大師・空海のご利益が3倍になるとの言い伝えがあるからだ。うるう年の巡礼者は通年の数倍に上るともいわれる。しかも逆打ちで弘法大師に巡り会えたという伝説が残る60年に一度の丙申(ひのえさる)にもあたり、旅行各社は需要増を見越してプランを投入し、地元ホテルは商機に期待を高めている。(田村慶子)

 「お遍路を始める人の多くが定年退職や子育てを終えた中高年者です」

 阪急交通社広報担当の明石純子さんは、こう説明する。「お遍路は晩年の人生をより良いものにする終活の場でもある」という。

 功徳を求める巡礼者にとって今年は特別な年だ。うるう年は88番札所の大窪寺(香川県さぬき市)から逆に巡る「逆打ち」により、ご利益が3倍になるといわれる。それだけでなく、丙申の年に逆打ちで弘法大師に巡り会えたとの言い伝えもあり、「丙申の今年は60年に一度の好機」と明石さんは話す。

 このため予約が増えると見込んだ旅行各社がプランを拡充させている。本来、巡礼の期間は自由だが、大きなご利益を得るには今年1年間で全札所を巡る必要があり、日程を何度かに分けての大規模なツアーが増える期待が高まっているのだ。

 阪急交通社は、関西圏の発着地を昨年の20カ所から33カ所に増やし、大阪発や兵庫発など6ルートを新設した。現地ではタクシーやバスを使った巡礼が大半を占めるが、今年2月にはあえて歩き遍路を売りに各所の観光地も巡るプランを投入。4年前のうるう年は取り扱い人数で前年の8割増と好調で、今年も5割増を見込んでいる。

このニュースの写真

  • “お遍路さん”60年に1度の商機を狙え…「逆打ち」でご利益3倍、弘法大師に会えるかも
  • “お遍路さん”60年に1度の商機を狙え…「逆打ち」でご利益3倍、弘法大師に会えるかも

「産経WEST」のランキング