産経WEST

古都の歴史に思いはせ…京都在住シンガーソングライター、佐藤礼奈さん新作CD「千年のコンチェルト」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


古都の歴史に思いはせ…京都在住シンガーソングライター、佐藤礼奈さん新作CD「千年のコンチェルト」

シンガー・ソングライターの佐藤礼奈さん(左)と、作詞を担当した太田聖二さん シンガー・ソングライターの佐藤礼奈さん(左)と、作詞を担当した太田聖二さん

 京都在住のシンガー・ソングライター、佐藤礼奈さん(28)が今月、新作CD「千年のコンチェルト」をリリースした。古都の風景を背景に、時代や歴史、生命の喜びなどがつづられる。佐藤さんはこの新作を、現在のポップスから一歩を踏み出す「京都からのイノベーション第1弾」と位置づけている。

 佐藤さんはバンドのボーカルを経て平成24年からソロ活動を開始。「ポップスで表現できるのは一人称の恋愛の歌だけではない」と26年、イノベーションポップスから名づけた「iPop研究所」を立ち上げ、音楽の新しい価値創造に取り組んできたという。

 新作CDは、京都の歴史に思いをはせる表題作をはじめ、坂本龍馬を題材にした「幕末ヒーロー」、京女の心根を歌う「ひそやかさ」など6曲を収める。佐藤さんの指導者で大阪芸大講師の太田聖二さんが作詞、佐藤さんが作曲した。

 時空を意識した雄大な歌詞に、日本歌曲や70年代フォークを思わせるアコースティックなメロディー。シンプルな伴奏が、佐藤さんの透明でのびやかな歌声を引き立てている。佐藤さんは「ポップスに情緒性を取り戻すところからスタートした。子供たちに聴かせるようなつもりで歌いました」と話している。

 「千年のコンチェルト」は税込み1620円。京都市内のJEUGIAで発売。12日からJEUGIA各店で順次インストアライブを開催する。

 問い合わせはミュージックサロン京都駅((電)075・371・4611)。

「産経WEST」のランキング