産経WEST

国指定古墳群…あわや焼失 奈良・橿原で野焼きの火広がる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国指定古墳群…あわや焼失 奈良・橿原で野焼きの火広がる

 5日午後2時45分ごろ、奈良県橿原市の田んぼで野焼きの火が燃え広がり、隣接する国指定史跡「新沢千塚(にいざわせんづか)古墳群」の敷地内の雑草など約300平方メートルを焼いた。約20分後に鎮火。古墳に影響はなかった。

 奈良県警橿原署によると、古墳群の敷地は農道(幅2メートル)と水路(幅1メートル)を隔てて田んぼに隣接。田んぼで所有者の男性(59)が枯れ草を焼却していたところ、風などの影響で火が燃え広がった。男性は顔や手に軽いやけどを負った。同署は6日、県教委職員立ち会いのもとで現場検証を行う。

 同古墳群は4世紀後半~6世紀中頃に築かれた約600基の古墳が密集する国内最大級の群集墳。昭和51年に国史跡に指定された。市は平成24年度から古墳群を含めた25・3ヘクタールを都市公園として整備している。

「産経WEST」のランキング