産経WEST

子供の貧困、全国最大6万人規模調査 ワースト2の大阪市、実態把握し対策検討

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


子供の貧困、全国最大6万人規模調査 ワースト2の大阪市、実態把握し対策検討

大阪市の吉村洋文市長 大阪市の吉村洋文市長

 大阪市は29日、生活に困窮する子供の実態を把握するため、幼稚園や保育園、市立小中学校の計約6万人分のアンケートを6~7月に実施することを決めた。5歳児と小5、中2の約2万人ずつを対象とし、それぞれの状況を調べる。内閣府によると、子供の貧困をめぐる自治体の調査としては全国最大規模という。

全国2位の大阪…最低限を下回る生活費の家庭22%

 吉村洋文市長を本部長とし、子供の貧困への対応を話し合う対策推進本部会議で決定した。小5と中2については市立小中学校を通じ、児童・生徒本人と保護者に学習や食事の状況などを聞く。5歳児は私立を含む市内の幼稚園、保育園の保育士や保護者に生活状況を尋ねる。

 アンケート結果を踏まえ、9月以降に教育、福祉など総合的な対策を検討し、市の平成29年度予算案に反映する方針。

 山形大の戸室健作准教授(社会政策論)の調査によると、24年に大阪府で18歳未満の子供がいる家庭のうち、年収が最低限の生活費以下だった世帯の割合は21・8%で、沖縄県に次いで全国で2番目の高さという。

「産経WEST」のランキング