産経WEST

タクシー客転落、死なせた運転手に有罪、ひいた後続車は無罪 奈良地裁葛城支部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


タクシー客転落、死なせた運転手に有罪、ひいた後続車は無罪 奈良地裁葛城支部

 奈良県葛城市の南阪奈道で平成25年12月、タクシーから転落した同県明日香村の男性=当時(71)=が後続車にひかれ死亡した事件で、自動車運転過失致死罪に問われたタクシー運転手、寺井一雄被告(66)ら3被告の判決公判が25日、奈良地裁葛城支部(五十嵐常之裁判官)であった。

 五十嵐裁判官は、後続車を運転していた男性(27)は「被害者をひくのを回避できなかった」として無罪(求刑罰金50万円)、別の後続車を運転していた男性(36)も自動車運転過失致死罪について無罪とし、救護措置などを怠ったとして道交法違反のみ認定、罰金10万円(求刑罰金80万円)を言い渡した。

 寺井被告には禁固1年2月、執行猶予4年(求刑禁固1年2月)とした。

 判決によると寺井被告は25年12月13日午前0時40分ごろ、葛城市の南阪奈道路を走行中、泥酔状態の男性が座る後部座席のドアをロックするなどの転落防止措置を講じず、男性を車外に転落させ、後続車にひかせて死亡させた。

「産経WEST」のランキング