産経WEST

楠木正成ゆかりの寺で梅が見頃 紅白約300本

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


楠木正成ゆかりの寺で梅が見頃 紅白約300本

境内を鮮やかに彩る梅の花=河内長野市の観心寺 境内を鮮やかに彩る梅の花=河内長野市の観心寺

 楠木正成ゆかりの観心寺(河内長野市)で梅が見頃を迎えている。約1300年前、修験道の開祖・役小角(えんのおづぬ)によって開かれたとされ、正成が幼少期から少年時代に学んだ。境内には白梅や紅梅など約300本が植えられ、3月中旬ごろまで楽しめる。

 問い合わせは同寺((電)0721・62・2134)。

関連ニュース

JR西日本、「真田丸」の特別列車運行 3月1日から大阪環状線、和歌山線で

「産経WEST」のランキング