産経WEST

【デスクから】「中国人客は来るな」焼き肉屋にカニ持ち込んで焼く“非常識” マナーの悪さに飲食店は怒り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【デスクから】
「中国人客は来るな」焼き肉屋にカニ持ち込んで焼く“非常識” マナーの悪さに飲食店は怒り

2月の「春節」の期間も多くの中国人客が大阪を訪れたが、そのマナーの悪さから飲食店では入店を拒むケースも 2月の「春節」の期間も多くの中国人客が大阪を訪れたが、そのマナーの悪さから飲食店では入店を拒むケースも

 日本を訪れる外国人旅行客の勢いが今年に入っても止まらない。政府観光局によると、1月は月間として過去2番目に多い185万人余りが訪れた。その中心はやはり中国人団体客で、中でも爆買いの“聖地”大阪では圧倒的な存在感を見せている。

 ところが迎える店側、特に飲食店は手放しで喜んでいるとはいえないようだ。そのマナーの悪さから来店をきっぱり拒む店もある。実際にこんな事例を見聞きした。

 ミナミのある焼き鳥店では中国人の女性客2人が近くで買ってきたたこ焼きをつつきながら、注文した焼き鳥を食べていた。「持ち込み禁止」のルールを知らないのだろうか。別の焼き肉店では団体客が殻付きのカニを持ち込んで炭火の網に乗せ、肉と一緒に焼いていたそうだ。

 酒を頼まず、無料の水を何杯もおかわりする▽食べかすを床にポンポン捨てる▽トイレに紙以外のものを流し詰まらせる-などもよく聞く。ある店主は「中国人客は金を使ってくれず迷惑行為も多い。正直、来てほしくない」とつぶやく。国民性や習慣の違いで、彼らも悪気はないのかもしれないが…。心から「ウエルカム」と言える日は来るのだろうか。(地方部 高田清彦)

関連ニュース

【関西の議論】「中国人に見られるのが悔しい」訪日台湾人、なぜか“無言”で観光…爆買いの陰で中台の深い溝

「産経WEST」のランキング