産経WEST

【梅田・車暴走事故】大橋さん死因判明 大動脈解離による心タンポナーデ 血液が心臓の働き阻害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【梅田・車暴走事故】
大橋さん死因判明 大動脈解離による心タンポナーデ 血液が心臓の働き阻害

 大阪・梅田の繁華街で乗用車が暴走し2人が死亡、1人が重体、8人が重軽傷を負った事故で、大阪府警は26日、車を運転して死亡したビル管理会社経営、大橋篤さん(51)=奈良市=を司法解剖した結果、死因は大動脈解離による心タンポナーデだったと明らかにした。

 心タンポナーデは心臓と心臓を覆う膜の間に血液などが貯まって、心臓の動きを阻害する症状。大動脈の内壁がはがれる大動脈解離で心臓付近の血管の一部が裂けて出血した際に、心膜の内側に血液が流れ込んで発症、心臓が圧迫されたと見られるという。

関連ニュース

【梅田・車暴走事故】黒いプリウス突然「歩行者を高さ2m次々と跳ね上げ…」 堀ちえみ、目撃47歳バイト男性ら恐怖を語る

「産経WEST」のランキング