産経WEST

【関西の議論】これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

織田信長の軍勢から桑名の地を守ろうと戦った武者が眠ると伝承される「落ち武者の墓」(中央)。一帯は区画整理事業で宅地化される計画となっている=三重県桑名市 織田信長の軍勢から桑名の地を守ろうと戦った武者が眠ると伝承される「落ち武者の墓」(中央)。一帯は区画整理事業で宅地化される計画となっている=三重県桑名市

 織田信長が16世紀後半に伊勢長島を攻めた際に抗戦した、本願寺派門徒の落ち武者が埋葬されたと伝わる三重県桑名市の「墓域」の再開発を巡り、市と地元住民が対立している。市は「落ち武者の墓」について、自治体の指定がなく法的には「墓地」と認められないとして、改葬や保存の手続きを経ることなく一帯の宅地開発を進め、6~7基あった墓は現在1基を残すのみとなっている。これに対し住民らは「開発ありきで、由緒ある墓をないがしろにしている」と猛反発。混乱が広がっているが、一方で事業に関係する職員が病気になったり、汚職で逮捕されたりし、関係者の間では「落ち武者のたたりでは」ともささやかれている。

秀吉も参戦した激戦地

 1基だけ残る墓は、田畑と住宅が混在する一角にある。土盛りの上に判読不能の文字が記された石碑がたち、後年に作られたとみられる墓の存在を示す看板が無造作に置かれている。

 さびが浮いた看板には「武士塚」「霊地故不浄事」の文字が。近くに住む女性(74)は「亡くなった義母は織田信長と戦った武士の墓で、土地の守り神と言っていた。世話する人は減ったが、今でも地域の人が花を供えている」と話す。

 墓の目の前には本願寺派の要塞となった矢田城跡の丘陵があり、周辺には大字「本願寺」や、墓域を示す小字「大塚」などの地名も残る。

このニュースの写真

  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末
  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末
  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

関連ニュース

信長が正室・濃姫に金箔御殿? 公居館跡で瓦や庭園発掘…宣教師ルイス・フロイスの著書「日本史」を裏付ける証拠か

「産経WEST」のランキング