産経WEST

リフォームの廃材を違法に焼却 業者ら4人を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


リフォームの廃材を違法に焼却 業者ら4人を逮捕

 リフォーム工事で出た産業廃棄物を違法に燃やしたとして、兵庫県警生活環境課や長田署などは23日、廃棄物処理法違反容疑で、神戸市長田区南駒栄町、建設会社社長、吉原祐介容疑者(43)=同市長田区山下町=と同、韓国籍で不動産会社社長、高国守容疑者(43)=同市北区中里町=ら計4人を逮捕した。

 同署によると、両社は同じ敷地にあり、共同でリフォーム工事を請け負っていた。吉原容疑者は「仕事のため不在で知らない」と容疑を否認。高容疑者は「燃やしたのは事実だが誰とやったか覚えていない」と一部否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月25日、両社の敷地内で、リフォーム業務で出た木材やカーペットなどの産廃約51キロを、ステンレス製の浴槽で燃やしたとしている。

 11月ごろ、付近の住民から煙が出ているなどと苦情が寄せられていたという。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング