産経WEST

5人殺害の大阪パチンコ店放火、死刑確定へ 最高裁が上告棄却「計画的無差別殺人、責任極めて重大」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


5人殺害の大阪パチンコ店放火、死刑確定へ 最高裁が上告棄却「計画的無差別殺人、責任極めて重大」

 大阪市此花区で平成21年、5人が死亡したパチンコ店放火殺人事件で、現住建造物等放火や殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑とされた無職、高見素直被告(48)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は23日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 判決は「人出が多い日曜日のパチンコ店を狙った計画的な無差別殺人で、刑事責任は極めて重大だ」と指摘。犯行翌日に自首した点など、有利な事情を考慮しても死刑はやむを得ないとした。

 弁護側は、絞首刑は残虐な刑罰を禁じた憲法に違反すると訴えたが、小法廷は、合憲とした過去の最高裁判例を挙げて退けた。妄想に支配されていて心神耗弱だったとの主張にも「動機形成の過程に妄想は影響するが、間接的であり大きくはない」とした。

 1審・大阪地裁では、裁判員が初めて絞首刑の合憲性に関する判断に加わった。1審判決は「最善の方法かどうかは議論があるが、死刑はそもそも生命を奪って罪を償わせる制度で、ある程度の苦痛やむごたらしさは避けがたい」として合憲と判断し、2審大阪高裁も支持していた。

 1、2審判決によると、被告は21年7月5日午後、大阪市此花区のパチンコ店で、ガソリンをまいて火を付け、客ら5人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。

 大阪市此花区で平成21年、パチンコ店が放火され5人が死亡した事件で殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑が言い渡された無職、高見素直被告(48)の上告審判決で、最高裁は23日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 1、2審判決によると、高見被告は21年7月、同区のパチンコ店にガソリンをまいて火をつけ、店内にいた5人を殺害するなどした。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】浴槽から頭蓋骨、シェアハウスでは両手足も 女性遺体切断女の猟奇、金銭トラブルだけなのか…闇深い怪事件の真相は

「産経WEST」のランキング