産経WEST

苦情の顧客宅に放火未遂容疑、パナソニック子会社の男逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


苦情の顧客宅に放火未遂容疑、パナソニック子会社の男逮捕

 勤務先の会社に苦情を入れた、個人客の自宅に火を付けたとして、香川県警は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員、西岡壱成容疑者(20)=高松市高松町=を逮捕した。

 同署によると、西岡容疑者は容疑を認め「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述しているという。 

 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けたとしている。自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。

 同署によると、西岡容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、修理しても直らないことから男性がたびたび苦情を入れていた。18日午前中、代替品を持って上司と謝罪に訪れる予定だったが、用意できなかったという。竹垣から灯油成分が検出され、トラブルとなっていた西岡容疑者が浮上した。

関連ニュース

床面見分けるロボット掃除機 1週間分の予約機能も パナソニック「ルーロ」

「産経WEST」のランキング