産経WEST

【今週の注目記事】「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る

春節に伴う大型休暇中、夜間も中国人観光客らでにぎわったミナミの道頓堀=大阪市中央区 春節に伴う大型休暇中、夜間も中国人観光客らでにぎわったミナミの道頓堀=大阪市中央区

 中国の旧正月にあたる春節(2月8日)前後の大型休暇中、大阪・ミナミの商店街は中国人観光客らであふれかえった。日本製品を大量に買い込む「爆買い」客を逃すまいと、中国人店員ばかりの店舗がオープンしたり、季節外れの福袋を用意したり、受け入れ側はあの手この手のサービスを展開した。今年もミナミを席巻した爆買い狂騒曲。だが、爆買いシフトを敷く百貨店や商店街に対して、とうとう日本人客から「外国人客優遇が過ぎる」といった批判的な声も上がり始めた。(井上浩平)

「半額」総菜に殺到

 「ただいまの時間より全品2割引き。夕飯やおつまみにいかがですか」

 8日午後7時すぎ、ミナミにある百貨店の地下食品売り場「デパ地下」では、総菜コーナーの店員が声をからしていた。

 閉店間際のタイムセールの混雑はおなじみだが、よく見ると客の多くは重そうにキャリーバッグを引き、電化製品などの総合免税店「ラオックス」などの紙袋をいくつも提げている。

 身ぶり手ぶりで量り売りの総菜を買い求める男性客に対し、女性店員は慣れた様子でアレルギー表示のボードを指差した。男性客は「知道了(チーダオラ)=分かった」とつぶやいた。

 周囲は、「半額」の値引きシールが貼られた寿司などのパックを大量に握りしめた団体客であふれかえっていた。

 「最近、中国人客らが商品が安くなる時間を狙って訪れるようになった。宿泊先に持ち込んで食べ散らかすので、ホテル側は頭を抱えている」

 千日前商店街振興組合の関係者が明かす。千日前商店街はミナミで最もにぎわう商店街の一つだ。

商店街の安売りにまで爆買い…訪日前ネットで情報収集、実は店側も…

このニュースの写真

  • 「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る
  • 「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る
  • 「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る
  • 「中国人向け百貨店になれば」「たばこ1箱に大騒ぎ」爆買いシフトに日本人客のクレーム続出 ミナミ狂騒曲「共存共栄」どう図る

関連ニュース

春節ジレンマ !?「中国人向け百貨店になったら?」客クレーム続出…爆買い取り込み〝優遇〟すれば、日本人客離れ 大阪・ミナミ 

「産経WEST」のランキング