産経WEST

大学生から100万円詐取、そのうえ殺鼠剤投与し殺害…容疑で43歳無職男を再逮捕 広島、返済逃れ目的

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大学生から100万円詐取、そのうえ殺鼠剤投与し殺害…容疑で43歳無職男を再逮捕 広島、返済逃れ目的

 殺鼠剤(さっそざい)や睡眠薬などを投与して意識がもうろうとした男子大学生を、水を張った浴槽に入れて殺害し、現金を奪ったとして、広島県警捜査1課は18日、強盗殺人の疑いで、広島県安芸高田市の無職、山本勝博容疑者(43)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 捜査1課によると、殺害されたのは広島市安佐南区の広島修道大4年、佐藤裕樹さん(24)。

 佐藤さんは昨年6月、自宅アパートの浴槽で死亡しているのが見つかり、県警は病死の可能性を含め捜査。司法解剖で死因は分からなかったが、普段は服用していない薬の成分が検出され、山本容疑者との間の金銭トラブルも浮上した。2人は6年前、入院先の病院で知り合った。

「返済しつこく迫られ、死なせようと」

 県警は、佐藤さんから現金100万円をだまし取ったとして、7日に詐欺の疑いで山本容疑者を逮捕。同容疑者は「金の返済をしつこく迫られ、死なせようと思った」と供述し、殺害を認めたという。

 再逮捕容疑は、昨年6月ごろ、複数回にわたり、佐藤さんに殺鼠剤や睡眠薬、抗うつ剤などを服用させ、インスリン製剤を注射。同23日、佐藤さんを浴槽に入れて殺害し、数万円を奪ったとしている。

 佐藤さんは1人暮らしで、家族が6月28日、裸のまま、うつぶせで死亡しているのを発見した。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】やはり「不倫」が断トツ 大阪府警〝トホホ処分事案〟…取り調べ中にドラクエ、芸能人住所を不正照会

「産経WEST」のランキング