産経WEST

【現代を問う】悪いのは侵略した白人、東亜民族解放した日本は誇りを…オランダの市長挨拶から再び戦後体制の是非を問う

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【現代を問う】
悪いのは侵略した白人、東亜民族解放した日本は誇りを…オランダの市長挨拶から再び戦後体制の是非を問う

毎年ハロウィーンは大騒ぎ。アメリカ文化に踊らされ、国家が侵略されたら逃げるーというのが戦後レジームの実態なのか 毎年ハロウィーンは大騒ぎ。アメリカ文化に踊らされ、国家が侵略されたら逃げるーというのが戦後レジームの実態なのか

 戦後日本社会は敗戦によって独立・主権を失い、「満州事変からのシナ事変・大東亜戦争は日本の侵略戦争」と、極東国際軍事裁判で断罪したマッカーサー占領軍総司令官によって作られた。それを唯々諾々と認め、占領軍におもねり、東大教授など高い地位を得た日本の「進歩的」学者や教師、マスコミ、官僚、政治家によって世論はリードされた。

 さらに彼らはソ連・毛沢東中国の社会主義・共産主義にあこがれを持ち、日清・日露戦争、台湾・朝鮮併合をも侵略と断罪した。そして、「日本はシナ事変では南京で市民を虐殺した」「従軍慰安婦として女性を強制連行した」と歴史を捏造(ねつぞう)。日本の歴史を「真黒」にする一方、一般市民を無差別大量虐殺した米軍の広島・長崎への原爆投下、東京大空襲など米軍の国際法違反行為や白人の有色人種への人種差別には目をつぶり、米国製日本国憲法を有り難がる。

 そのレジーム中で若者は「クリスマスだ」「ハロウインだ」「バレンタインだ」とアメリカ製文化に踊らされ、国家が侵略されたら「逃げる」という。これが戦後日本の体制・戦後レジームの実態なのである。

 『物事を動かす原動力は精神にあり』。精神が間違っていたら、どのような才能も努力も結果は無残である。オウム真理教で「サリン」を製造した「医師」を見れば分かる。日本の歴史を「真黒」と見る精神では、若者たちに明るい未来はない。

このニュースの写真

  • 悪いのは侵略した白人、東亜民族解放した日本は誇りを…オランダの市長挨拶から再び戦後体制の是非を問う

「産経WEST」のランキング