産経WEST

【華麗なる宝塚】「国のために」が「組のために」聞こえた一路のセリフ 轟悠「-リンカーン 自由を求めた男」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
「国のために」が「組のために」聞こえた一路のセリフ 轟悠「-リンカーン 自由を求めた男」

「For the people」に主演する宝塚歌劇団専科の轟悠=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影) 「For the people」に主演する宝塚歌劇団専科の轟悠=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)

初の“あごひげ”にも挑戦

 専科スターで劇団理事の轟悠(とどろき・ゆう)主演の花組公演「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」が23日まで大阪市北区のシアター・ドラマシティで上演される。(KAAT神奈川芸術劇場は3月4日~10日)。第16代米大統領リンカーンの波乱の生涯を描くミュージカル。轟は「心を大切に演じ、舞台とともに出演者も成長していきたい」と力を込める。

 弁護士から大統領となり、奴隷制度廃止など、理想の国家を実現するまでの生涯を描く。「弁が立ち、言葉のすきまをつく人。私はボーッとしている方で」と苦笑い。有名な演説場面はせりふや楽曲で表現。「変拍子で難しい楽曲が多いですがやりがいがある」

 自身初の“あごひげ”にも挑戦。周囲の意見で、当初はひげのボリュームを抑えたが役作りをするうち、「やるからにはきっちりやりたいと言った」。表情豊かな役ゆえ、「絶対に落ちないよう」工夫も凝らす。

 今公演が米国の日系人向けの新聞に掲載され、話題と聞いた。「ずっと国民に興味を持たれている人なのだと。あの大国をまとめようと考えるのは“大志を抱く”以上のことですから」

 雪組でトップ一路真輝を支えていた頃、一路の「国のために」というせりふが「“組”のために」と聞こえたことがあるそう。「組のために自分を犠牲にするぐらいの気持ちでやってらっしゃるんだろうと」

 先輩の背中から多くを学び、トップを経て、理事となった今、「百周年、新世紀を経た百二年目の今年が一番の踏ん張りどころ。お客さまに感謝し、頑張っていきたい」。

このニュースの写真

  • 「国のために」が「組のために」聞こえた一路のセリフ 轟悠「-リンカーン 自由を求めた男」
  • 「国のために」が「組のために」聞こえた一路のセリフ 轟悠「-リンカーン 自由を求めた男」

「産経WEST」のランキング