産経WEST

【関西の議論】想像する楽しみがある? 詐欺的「マスク美人」になる極意、プロが教えます

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
想像する楽しみがある? 詐欺的「マスク美人」になる極意、プロが教えます

マスクなど衛生用品を手掛ける玉川衛材では、ウェブ上でマスク美人コンテストを実施している。写真は前回のコンテストでグランプリに輝いた北海道の女性。目元が印象的だ(玉川衛材提供) マスクなど衛生用品を手掛ける玉川衛材では、ウェブ上でマスク美人コンテストを実施している。写真は前回のコンテストでグランプリに輝いた北海道の女性。目元が印象的だ(玉川衛材提供)

 インフルエンザなど感染症の予防や花粉症対策など、マスクをする機会が増えるこの季節。目から下を覆い隠すだけに、「メークが落ちる」「蒸れる」などと女性には不評だが、男性側は「マスクをしていると美人に見える」と違う見方をする人が多いようだ。この男女のギャップはさておき、男性側の誤解(?)を利用しない手はない。「マスク美人」になる極意をプロに聞いてみると-。(木村郁子)

女性には不評も男性は…

 ネット調査を行うインターワイヤード(東京都品川区)が一昨年行った調査によると、マスクに対する不満としては、「眼鏡が曇る」(45・3%)が最も多く、「耳が痛い」(37・1%)「マスクの中が蒸れる」(34・2%)などが続いた。女性に限ると、32・8%の人が「メークが落ちる」と不満に思っていた。

 一方、男性はマスク姿を意外に好感を持って受け止めている。

 婚活アプリを運営するマッチアラーム(東京都港区)が一昨年3月、20代、30代の独身男女3110人を対象にマスク姿についてアンケートを行ったところ、「異性のマスク姿は魅力をアップさせるか」という質問では、男性の45・5%が「はい」と回答していた。具体的には「顔すべてが見えないことでどんな顔か想像してしまう」「すてきに見える」という。

マスクをするときこそメークはバッチリと 唯一見えている「目元」に

 マスク姿をきれいに見せたい、と願う女性に向け、資生堂は昨年12月から、ホームページ上でトップヘア&メーキャップアーティスト、西島悦さんによる「マスク姿をより魅力的にみせるマスクメーク術」を紹介している。

このニュースの写真

  • 想像する楽しみがある? 詐欺的「マスク美人」になる極意、プロが教えます

「産経WEST」のランキング