産経WEST

高校生の模擬投票でも共産推薦候補がダブルスコア負け 京都市長選、本番同様の結果に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高校生の模擬投票でも共産推薦候補がダブルスコア負け 京都市長選、本番同様の結果に

選挙結果を報じる新聞記事などを参考に実際の投票結果と模擬投票の結果について話し合う生徒ら=京都市下京区のクラーク記念国際高校京都キャンパス 選挙結果を報じる新聞記事などを参考に実際の投票結果と模擬投票の結果について話し合う生徒ら=京都市下京区のクラーク記念国際高校京都キャンパス

 7日に投開票された京都市長選をめぐり、選挙にあわせて高校生たちが実際の候補者の名前で模擬投票した結果の発表が京都市下京区のクラーク記念国際高校京都キャンパスで行われ、生徒らは実際の投票結果と模擬投票の結果について話し合った。

 模擬投票を行ったのは、同校の1~3年生の生徒26人。生徒らは、あらかじめ新聞や各候補者のホームページなどで情報を集め、1月28日に下京区選管から借りた実際の投票箱を使って投票を行っていた。

 開票結果では、実際の選挙で3選を果たした現職の門川大作氏が16票で圧勝。共産推薦の本田久美子氏はは7票、元府議の三上隆氏は1票で、2票には記名はなかった。

 実際の選挙と類似した結果となったことに、生徒たちからは「大人も子供も政治への考え方が一緒だった」などの声が上がった。

 今年の夏に18歳を迎えるという2年の二木菜摘さん(17)は「スマートフォンで選挙の情報を見るようになり、今までより政治へ興味が湧いてきた。18歳になったら、投票しに行きたい」と話していた。

関連ニュース

【京都市長選】共産系候補惨敗の理由は…赤旗読者減少、憲法市長響かずダブルスコアで

「産経WEST」のランキング