産経WEST

「相撲発祥の地」奈良の3市スクラム 白鵬招き28日サミット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「相撲発祥の地」奈良の3市スクラム 白鵬招き28日サミット

今年の大相撲トーナメントで優勝し、インタビューで万歳三唱する白鵬関=7日、東京・両国国技館 今年の大相撲トーナメントで優勝し、インタビューで万歳三唱する白鵬関=7日、東京・両国国技館

 相撲にゆかりの深い奈良県の桜井、葛城両市に加え、同県香芝市も「相撲発祥の地」に名乗りをあげることになり28日、3市合同の「相撲サミット2016in葛城」が開かれる。大相撲の横綱白鵬関も訪れ、さまざまなイベントが行われる。

 日本書紀には、垂仁天皇の時代、當麻邑(むら)の當(たい)麻(まの)蹶(け)速(はや)と出雲国の野(の)見(みの)宿(すく)禰(ね)が天皇の前で力比べを行い、敗れた當麻蹶速が腰の骨を折られて絶命したと記され、これが相撲の始まりとされている。

 葛城市は當麻蹶速の出身地として、桜井市は2人の決闘の場所が同市穴師の相撲神社との説から「相撲発祥の地」をPR。だが、江戸時代の地誌には香芝市の良福寺にある「腰(こし)折(おれ)田(だ)」が決闘の場所との記述があり、2人が同市狐井の「まわし池」でまわしを締め、洗うなどしたとの伝説もあることから、3市合同で地域活性化や観光振興につなげようと企画した。

 13日には「相撲発祥の地宣言まつり・ふたかみ場所」を香芝市ふたかみ文化センターで開催。14日は午後2時から同センターで、辰巳和弘・元同志社大教授が「當麻蹶速と野見宿禰-相撲の古代学-」と題し講演する。センター内の市民ギャラリーでは28日まで、地域の相撲・宮相撲が行われていた同市穴虫の大坂山口神社に伝わる江戸時代の板番付などを紹介する特別展覧会(午前9時~午後5時、月曜休館、入場無料)を開催中。問い合わせは同市役所商工振興課((電)0745・76・2001)。

「産経WEST」のランキング