産経WEST

若いがん患者の出産に“光” 卵子・精子凍結を助成へ 滋賀県が全国初

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


若いがん患者の出産に“光” 卵子・精子凍結を助成へ 滋賀県が全国初

 若いがん患者の妊娠の可能性を広げようと、滋賀県は10日、患者が卵子や精子を凍結保存する際の費用助成制度を来年度から始める方針を固めた。県によるとがん患者へのこうした助成は全国初だという。

 助成対象は、43歳未満のがん患者。抗がん剤投与や放射線照射など生殖機能が低下する恐れのある治療を始める前に、卵子や精子を凍結保存したという診断書を提出すれば、女性は最大10万円、男性は最大2万円の助成金を受けることができるという。

 国立がん研究センターが平成27年に行った調査によると、卵子や精子の凍結保存について、医療機関から説明を受けたとする40歳未満のがん患者は38・1%にとどまる。認知不足から、がん治療を開始すれば子供が望めなくなると悩む患者も少なくないという。

「産経WEST」のランキング