産経WEST

【育休議員の不倫疑惑】「情けない」「争点にすらできない」 宮崎謙介議員に地元・京都の政界から冷ややかな声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【育休議員の不倫疑惑】
「情けない」「争点にすらできない」 宮崎謙介議員に地元・京都の政界から冷ややかな声

うつむき加減に衆院本会議に臨む宮崎衆院議員=9日、国会(斎藤良雄撮影) うつむき加減に衆院本会議に臨む宮崎衆院議員=9日、国会(斎藤良雄撮影)

 男性国会議員として初めての「育児休暇」取得を宣言している自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=の不倫疑惑が9日、発覚したことを受け、地元である京都の政界関係者からは「情けない」「(選挙の)争点にすらできない」と冷ややかな声が相次いだ。7日に投開票された京都市長選では、自民、民主、公明の3党に加え、社民まで相乗りした呉越同舟で現職が当選を果たしたばかり。一時は手を取り合った地元政界の関係者たちも、不倫疑惑の浮上にはあ然とした様子だった。

京都市長選で運動応援

 京都市長選では、地元議員の一人として、宮崎議員も選挙運動に尽力していたという。育休宣言に対しては賛否が分かれたものの、“イクメン”として好感度アップも期待されていた矢先でもあっただけに、所属する自民党京都府連の関係者は、「全く情けない…」とがっかりとした様子。

 「市長選にも積極的にかかわって京都府内での存在感を示しており、上り調子だと思っていたのに。事実関係は確認中だが、こんなことで目立たなくていい」と吐き捨てるように話していた。

関連ニュース

「育休宣言」の宮崎衆院議員に不倫疑惑 週刊文春が報道へ、党内で批判強まる 記者団の取材に“逃走”

「産経WEST」のランキング