産経WEST

床面見分けるロボット掃除機 1週間分の予約機能も パナソニック「ルーロ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


床面見分けるロボット掃除機 1週間分の予約機能も パナソニック「ルーロ」

センサーで床面の種類を検知して作動するパナソニックの「ルーロ」新製品=8日、大阪市北区 センサーで床面の種類を検知して作動するパナソニックの「ルーロ」新製品=8日、大阪市北区

 パナソニックは8日、床面の種類を見分けるセンサーを付けたロボット掃除機「ルーロ」の新製品を、4月20日に発売すると発表した。じゅうたん、フローリングなど床の種類に応じてブラシの回転数や出力を制御する。1週間分の掃除を予約できる機能もつけた。市場想定価格は10万円前後。

 ルーロは昨年3月に発売。パナソニックによると、今年1月までの累計販売台数は当初予測の1・4倍の7万台弱。国内量販店での販売台数シェアは約20%を占める。

 国内でロボット掃除機の普及率は3%程度。平成26年は55万台で、今年は65万台に拡大する見込み。パナソニックは新製品でのシェア拡大を目指す。

「産経WEST」のランキング