産経WEST

二条城の壁にくぼみ40個 世界遺産にボールぶつける? 立ち入り禁止の北大手門エリア

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


二条城の壁にくぼみ40個 世界遺産にボールぶつける? 立ち入り禁止の北大手門エリア

ゴルフボールのような跡が残る円形のくぼみ=京都市中京区の二条城 ゴルフボールのような跡が残る円形のくぼみ=京都市中京区の二条城

 世界遺産・二条城(京都市中京区)の北大手門(重要文化財)から続く壁に直径数センチの円形のくぼみが約40個できていることが6日、わかった。市ではボールをぶつけられた可能性もあるとして、京都府警に相談するとともに、文化庁に報告し、修復方法などについて検討するとしている。

 壁のくぼみは2日に二条城事務所の職員らが発見。高さ約3・3メートルの石垣の上にあるしっくいの壁に幅約9メートルにわたってつけられており、ゴルフボールのような跡のあるくぼみもあったという。

 北大手門付近は立ち入り禁止となっているほか、昼間は門のそばに警備員も常駐している。くぼみがいつできたかはわからないが、かなり時間がたっているものもあるという。

 二条城は、慶長8(1603)年に徳川家康が築城。二の丸御殿が国宝に指定されている。

このニュースの写真

  • 二条城の壁にくぼみ40個 世界遺産にボールぶつける? 立ち入り禁止の北大手門エリア
  • 二条城の壁にくぼみ40個 世界遺産にボールぶつける? 立ち入り禁止の北大手門エリア

関連ニュース

【動画】金魚の入った水槽をライトアップ 京都・二条城でアート展開幕

「産経WEST」のランキング