産経WEST

白亜紀のカエル全身化石が新属新種と判明…日本初!!兵庫・人と自然の博物館

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


白亜紀のカエル全身化石が新属新種と判明…日本初!!兵庫・人と自然の博物館

名前がついた「ヒョウゴバトラクス・ワダイ」(左)と「タンババトラクス・カワズ」の化石=兵庫県三田市 名前がついた「ヒョウゴバトラクス・ワダイ」(左)と「タンババトラクス・カワズ」の化石=兵庫県三田市

 兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は2日、同県丹波市の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層でカエルの全身骨格化石2種類が見つかり、いずれも新属新種と判明した、と発表した。それぞれ「ヒョウゴバトラクス・ワダイ」「タンババトラクス・カワズ」と学名が付けられ、2日付のオランダの国際学術雑誌「クレテイシャス リサーチ」電子版に掲載された。白亜紀(約6600万年前まで)以前のカエルの化石に名前がつくのは日本では初めて。

 同博物館によると、同じ地層からは「タンバティタニス・アミキティアエ」と学名が付いた恐竜「丹波竜」などの化石が発見されている。平成19~20年に同博物館が実施した発掘作業で、和田和美・技術職員(67)が切り出した岩のクリーニング作業を実施したところ、カエルの全身骨格の化石2種類(いずれも約3センチ)を発見した。それぞれ全身の骨の細かい特徴を調べたところ、全ての特徴が当てはまる属や種がないことがわかった。

 学名の「バトラクス」はギリシャ語でカエルを意味し、ワダイは和田技術職員の名前にちなんだ。

 発掘に携わった同博物館の池田忠広研究員は「現在の東アジアにあたる当時の大陸のカエルの多様性や進化の研究を進める材料になる」と話している。

「産経WEST」のランキング