産経WEST

「住民に喜んでもらいたくて」自費で伐採した竹を違法焼却…容疑の兵庫県警警部補を書類送検 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「住民に喜んでもらいたくて」自費で伐採した竹を違法焼却…容疑の兵庫県警警部補を書類送検 

 伐採した竹を違法に野焼きしたとして、兵庫県警が廃棄物処理法違反(焼却禁止)容疑で、淡路署地域課員だった男性警部補(57)を書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしていたことが2日、情報公開請求や関係者への取材で分かった。

 書類送検容疑は昨年8月9日、当時勤務していた淡路市内の駐在所の南にある竹やぶ(約760平方メートル)で、竹約7・7トンを違法に野焼きしたとしている。火は燃え広がり、隣の草地を含む約940平方メートルが焼けたが、けが人はなかった。

 関係者によると、警部補は以前に駐在所近くの大木を伐採し、住民に「周囲の見通しが良くなった」と喜ばれたため、同様に竹やぶの整備を実行。地権者の許可を得て、自費で借りたショベルカーや自前のチェーンソーを持ち込み、非番日に約9カ月がかりで約7・7トンの竹を1人で伐採した。

 過去に違法焼却事件を担当した経験があり、「野焼きはだめと分かっていたが、竹を焼却施設に運ぶのがわずらわしかった」と容疑を認めているという。

 近くの住民からの通報で現場に駆けつけた署員が野焼きをしていた警部補を現認。県警は昨年12月4日に厳重処分の意見を付けて警部補を書類送検し、同日付で処分した。

関連ニュース

【同志社事務トップ逮捕】「法律は守るべきだ」「クリーンに」廃棄物処理法違反事件で学生たちからも厳しい声

「産経WEST」のランキング