産経WEST

【大阪国際女子マラソン】【動画】福士が独走V 五輪派遣設定記録上回る2時間22分17秒…ハーフマラソンは伊藤が制す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
【動画】福士が独走V 五輪派遣設定記録上回る2時間22分17秒…ハーフマラソンは伊藤が制す

ゴール後に永山忠幸監督と優勝を喜ぶ福士加代子=31日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(甘利慈撮影) ゴール後に永山忠幸監督と優勝を喜ぶ福士加代子=31日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(甘利慈撮影)

 リオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねた第35回大阪国際女子マラソン(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、日東電工協賛)が31日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロのコースで行われ、2013年世界選手権銅メダルの福士加代子(33)=ワコール=が日本歴代7位となる2時間22分17秒の好タイムで優勝した。

 序盤から先頭集団を形成した福士は24キロ過ぎから独走態勢を築き、力強い走りでそのままゴールイン。五輪派遣設定記録の2時間22分30秒を切り、リオ五輪女子マラソン代表の座をぐっと引き寄せた。

 2位には後半に巻き返した堀江美里(28)=ノーリツ=が2時間28分20秒で入り、3位は2時間29分14秒の竹中理沙(26)=資生堂。2大会連続の五輪切符を狙った12年ロンドン五輪代表の重友梨佐(28)=天満屋=は2時間30分40秒の5位。期待の若手に将来への経験を積んでもらう目的で設けられた「ネクスト ヒロイン枠」の加藤岬(24)=九電工=は2時間31分4秒で6位だった。

このニュースの写真

  • 【動画】福士が独走V 五輪派遣設定記録上回る2時間22分17秒…ハーフマラソンは伊藤が制す
  • 【動画】福士が独走V 五輪派遣設定記録上回る2時間22分17秒…ハーフマラソンは伊藤が制す

関連トピックス

「産経WEST」のランキング