産経WEST

ベビーカーの鉄道利用は「悪」か…国推奨「たたまずOK」掲示少なく、理解伸び悩む  

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ベビーカーの鉄道利用は「悪」か…国推奨「たたまずOK」掲示少なく、理解伸び悩む  

 電車でのベビーカー利用への理解がなかなか浸透しない。国は折りたたまず“堂々”と乗ることを推奨しているが、認知度は伸び悩む。利用促進に国が提唱するマークを掲示しない在阪鉄道事業者の存在も理解浸透の足かせの一つになっているとみられている。ベビーカー利用でのトラブルも散見され、専門家からは「配慮を検討すべきだ」との声が漏れる。

「子供に危害が及ばないように」

 「ほんま邪魔やな」。昨年10月中旬、大阪市中央区の女性会社員(30)はベビーカーで昼寝中の長女(3)と電車に乗り込むと、車内にいた女性に舌打ちされた。大きな荷物を持つ乗客よりもベビーカーの方が反感を買いやすいと感じ、女性は「子供に危害が及ばないように」と乗車時は気が抜けない状態が続いているという。

 国は平成26年3月、ベビーカーをたたんで乗ると、乗客自身が転倒する危険性もあるとして、広げたまま乗れるルールを決定。啓発に統一マークを作成し鉄道事業者への掲示を促した。ただ、在阪主要鉄道事業者では、JR西日本や大阪市営地下鉄などはマークを掲示するものの、近畿日本鉄道と京阪電気鉄道、南海電気鉄道の3社は掲示していない。

関連ニュース

「電車内で化粧やめて!!」 地下鉄の駅に異例の啓発ポスター…乗客苦情で決断

「産経WEST」のランキング