産経WEST

【エンタメよもやま話】爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」

中国のデタラメぶりと、その危機的な状況がもたらす世界への混乱についてリポートする「中国崩壊後の世界」 中国のデタラメぶりと、その危機的な状況がもたらす世界への混乱についてリポートする「中国崩壊後の世界」

 さて、今週は久々となる中国ネタでございます。

 中国の上海と深センの両証券取引所が年明けの1月4日、株価指数の急落を受け、相場の急変動を防ぐためにこの日導入したばかりの緊急避難的取引停止措置「サーキットブレーカー」を発動。取引を全面停止しました。

 以降、中国市場は大混乱。この影響は日本を含むアジアやニューヨークの株式市場にも悪影響を及ぼし、年初から各国の市場は大荒れ状態が続いています。

 実際、昨年からさまざまなメディアで“中国バブル、遂に崩壊か”といった文言をよく見聞きするのですが、そうした報道の通り、中国経済はいま、われわれの想像以上の大変な状況に追い込まれているようです。

 では、そんな中国のバブルが崩壊した後、一体何が起こるのか?。それを詳細にリポートした1冊がいま、大きな話題を集めています。「中国崩壊後の世界」(三橋貴明著、小学館新書 780円+税 http://www.shogakukan.co.jp/books/09825246)です。ご存じ三橋氏は気鋭の作家兼経済評論家で、韓国や中国の経済動向などをまとめた数々の著書で知られます。というわけで今回は、この著作が警告する驚愕(きょうがく)のシミュレーションについてご紹介いたします。

バブルでなく嘘…こんな国家の存在こそ“世界7不思議”

 本書は「不気味なゴーストタウン・オルドスの衝撃」「もはや中国政府に打つ手なし」「激震の資源国と日本の行方」の全3章で構成していますが、いきなり冒頭から衝撃の事実が次々と暴露されます。

 オルドス市というのは「首都・北京から飛行機で約1時間。中国の内モンゴル自治区、西南部に位置」するのですが「2010年には、石炭バブルの影響で空前の好景気」に沸き「1人当たり域内総生産(GRP)が中国トップになった」といいます。

 このオルドス市、2009年時点では単なる砂漠だったのですが、ここに、そびえたつ高層マンションやオフィスビルを林立させ「宮殿のごとき巨大市庁と、その前に広がるアジア最大との触れ込みの公園を建設」するという無茶過ぎる開発を強行。これが見事に“ゴーストタウン(鬼城)化”してしまったというのです。

 そして、そんな表向きだけ裕福な街の豪華なマンション群には当然ながら人影が全く見えず、マンションの多くは造りかけで放置されたまま。道路には車1台走っていないという異様な状況だというのです。そうした異常ぶりを三橋氏は現地取材によって得たリアルな情報を積み重ねて読み手に提示します。

廃虚、環境破壊、ルール無視…実体を反映しないGDP、原因は「独裁」

このニュースの写真

  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」
  • 爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言「中国崩壊後の世界」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング