産経WEST

20代障害者女性に「彼氏も結婚もできない」と暴言 長崎大病院の女性医師が謝罪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


20代障害者女性に「彼氏も結婚もできない」と暴言 長崎大病院の女性医師が謝罪

 長崎大病院(長崎市)の50代の女性産婦人科医が昨年7月、診察した重度の知的障害がある20代の女性患者とその母親に、「将来彼氏も結婚もできない」などと、障害者への差別と受け取られる趣旨の発言をしていたことが22日、病院への取材で分かった。病院は産婦人科医を口頭で注意し、母親に謝罪した。

 病院総務課によると、女性は腹部の張りなどを訴え、母親に付き添われ受診した。母親は昨年8月に病院の意見箱に抗議の投書をしたが、担当者のミスで返答はなかった。同12月に母親が説明を求め、その後病院側が対応の不備も含めて謝罪した。

 病院は取材に「女性を傷つける乱暴な発言だったと産婦人科医も反省している」と説明した。

関連ニュース

【ファッションおたく】“オトナ女子”篠原涼子への暴言「40歳は女子とは言わない」恋バナ・胸キュンはイタすぎる!?

「産経WEST」のランキング